NEWS

大橋弘一のトピックスの一覧です。

月刊「俳句」11月号

2018-10-25

連載「日本の鳥たち」でミサゴについて写真2点と文章で紹介しました。(月刊「俳句」はKADOKAWA発行の月刊誌です)

ラジオ深夜便の「鳥の雑学ノート」第7回放送

2018-10-22

今回はヒシクイをテーマにガン類の昔からの生息状況等をお話ししました。

バーダー11月号

2018-10-16

カラ類特集のトビラ写真(ゴジュウカラ)と特集内記事「北海道はカラ類天国」2Pを担当しました。

Birds World JAPAN 第5号発行

2018-10-15

ウェルカム北海道野鳥倶楽部の会報「Birds World JAPAN」第5号が完成し、紙版を発行しました。巻頭グラフはチゴハヤブサ。その他ジョウビタキやセグロセキレイなど取り上げました。なお通常の電子版は5日に会員の皆様へ配信済みです。

月刊「俳句」10月号

2018-09-25

「日本の鳥たち」を連載中の月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の10月号です。今回はジョウビタキをテーマに、埼玉県所沢市と兵庫県加古川市で撮影した写真を掲載しました。

ラジオ深夜便の「鳥の雑学ノート」第6回放送

2018-09-24

NHK「ラジオ深夜便」の月に一度のお楽しみ大橋弘一の「鳥の雑学ノート」。9月の放送では、ヒヨドリを取り上げ、渡りの不思議などについてお話しました。

ラジオ深夜便の「鳥の雑学ノート」第5回放送

2018-08-27

NHK「ラジオ深夜便」の月に一度のお楽しみ大橋弘一の「鳥の雑学ノート」8月の放送では、トウネンとオオソリハシシギを取り上げました。

月刊「俳句」9月号

2018-08-25

「日本の鳥たち」を連載中の月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の9月号です。今回はモズをテーマに、東京都三鷹市と京都市で撮影した写真を掲載しました。

Birds World JAPAN 第4号発行

2018-07-27

ウェルカム北海道野鳥倶楽部の会報「Birds World JAPAN」第4号が完成し、紙版を発行しました。なお通常の電子版は19日に会員の皆様へ配信済みです。

月刊「俳句」8月号

2018-07-25

「日本の鳥たち」を連載中の月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の8月号です。今回はアオアシシギをテーマに、沖縄県金武町と北海道石狩市で撮影した写真を掲載しました。

ラジオ深夜便の「鳥の雑学ノート」第4回放送

2018-07-23

NHK「ラジオ深夜便」の月に一度のお楽しみ大橋弘一の「鳥の雑学ノート」7月の放送では、アオバトを取り上げました。

「新 日本の探鳥地 北海道編」発行

2018-07-05

BIRDERの文一総合出版から「新 日本の探鳥地 北海道編」が発行されました。大橋の著書ではありません(BIRDER編集部編です)が、約半分を執筆・写真提供しました。また表紙や扉等の写真提供、コラム執筆4本なども担当しました。

月刊「俳句」7月号

2018-06-25

連載「日本の鳥たち」を担当している月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の7月号が発行されました。今回は「カワセミ」を紹介しました。

ラジオ深夜便の「野鳥雑学ノート」第3回放送

2018-06-25

NHK「ラジオ深夜便」の1コーナー「野鳥雑学ノート」で、第3回の放送はオオヨシキリを取り上げました。

faura2018夏号(通巻第60号)発行

2018-06-15

特集は「青の世界」です。大橋は特集グラフや青い鳥をテーマにした記事や写真を担当しました。

ラジオ深夜便の「野鳥雑学ノート」第2回放送

2018-05-28

NHK「ラジオ深夜便」の1コーナー「野鳥雑学ノート」で、第2回の放送はホトトギスを取り上げました。

月刊「俳句」6月号

2018-05-25

「日本の鳥たち」を連載している月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の6月号が発売されました。今回は「オオヨシキリ」を紹介しました。

「バーダー」6月号発売

2018-05-16

文一総合出版が発行している「バーダー」。6月号特集は「夏の北海道」です。私は「季節感の違いをマスターしよう」など3本の記事と、計29点の写真提供を担当しました。

月刊「俳句」5月号

2018-04-25

「日本の鳥たち」を連載している月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の5月号が発売されました。今回は「ササゴイ」を紹介しました。

NHK「ラジオ深夜便」の「野鳥雑学ノート」放送

2018-04-23

NHKの人気番組「ラジオ深夜便」で大橋弘一の「野鳥雑学ノート」が始まりました。月1回、第4月曜日の23時18分頃から約12分間の生放送です。第一回の4月23日はウグイスを取り上げました。

「野鳥百鑑」3月分集計

2018-04-10

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は3月は15回の掲載でした。内容はアビ、ビロードキンクロ、クイナなどでした。なお、この3月30日をもって「野鳥百鑑」の連載は終了致しました。

月刊「俳句」4月号

2018-03-25

「日本の鳥たち」を連載している月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の4月号が発売されました。今回は「キクイタダキ」を紹介しました。

「バーダー」4月号発売

2018-03-16

文一総合出版発行の「バーダー」4月号では、あこがれの鳥特集で人気第2位となったシマエナガの解説記事を担当しました。

faura2018春号(通巻第59号)発行

2018-03-15

2018春号の特集は「松浦武四郎が見た北海道」です。大橋はほとんど取材・編集に徹しましたが、特集内の風景写真提供も行いました。

Birds World JAPAN 第3号発行

2018-03-13

ウェルカム北海道野鳥倶楽部会報「Birds World JAPAN 大橋弘一野鳥写真の世界」の第3号が発行配信されました(Web判)。3月22日には紙版も発行され、全会員にお送りしました。表紙はジョウビタキ、内容はオジロワシ、キクイタダキ、コクガン等です。

「野鳥百鑑」2月分集計

2018-03-02

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は2月は8回の掲載でした。内容はシマフクロウ、キレンジャク、ギンザンマシコなどでした。

月刊「俳句」3月号

2018-02-25

「日本の鳥たち」を連載している月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の3月号が発売されました。今回は「ヒバリ」を紹介しました。

「バーダー」3月号発売

2018-02-16

文一総合出版発行の「バーダー」3月号ではBIRDER Graphicsのページで「札幌ナナカマドコレクション 赤い実に集まる鳥たち」を担当しました。ツグミ類レンジャク類など北海道のナナカマドにやってくる鳥をテーマにした10ページのグラフ企画です。

「野鳥百鑑」1月分集計

2018-02-05

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は1月は15回の掲載でした。内容はヤドリギツグミ、メジロガモ、アカハジロなどでした。

月刊「俳句」2月号

2018-01-25

「日本の鳥たち」を連載している月刊「俳句」(KADOKAWA発行)の2月号が発売されました。今回は「ウソ」を紹介しました。

「バーダー」2月号発売

2018-01-16

文一総合出版発行の野鳥雑誌「バーダー」2月号では表紙写真(オオマシコ)を担当しました。

「野鳥百鑑」12月分集計

2018-01-10

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は2017年12月は10回の掲載でした。内容はケアシノスリ、ジョウビタキ、ヤマセミなどでした。

月刊「俳句」の連載開始

2017-12-25

KADOKAWAから発行されている俳句専門誌「俳句」で大橋弘一の連載「日本の鳥たち」が始まりました。初回の2018年1月号では「タンチョウ」を取り上げました。

「バーダー」1月号発売

2017-12-16

文一総合出版の「バーダー」2018年1月号(ルリビタキ・ジョウビタキ特集号)では表紙、特集扉に加えて1ページ記事(シノリガモ)も担当しました。

faura2017冬号(通巻第58号)発行

2017-12-15

2017冬号の特集は「絶景 ALL SEASON SPECIAL」。風景写真の特集です。大橋は支笏湖の風景写真などを提供しました。

「野鳥百鑑」11月分集計

2017-12-05

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は11月は15回の掲載でした。内容はヒヨドリ、スズメ、ミヤマカケスなどでした。

「バーダー」12月号発売

2017-11-16

「バーダー」(文一総合出版刊)の12月号では第2特集「冬のタカ類」で扉写真(ハイイロチュウヒ)を担当しました。

「野鳥百鑑」10月分集計

2017-11-05

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は10月は14回掲載されました。内容はミヤコドリ、オバシギ、ヒバリシギなどでした。

Air-G'(FM北海道)に出演

2017-10-20

FM北海道「リプライズ」に出演、「ウィズマスター」のコーナーで野鳥写真や北海道の野鳥の魅力について話しました。

「野鳥百鑑」9月分集計

2017-10-03

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は9月は10回の掲載でした。内容は、ベニアジサシ、ミフウズラ、ヤンバルクイナなどでした。

faura2017秋号(通巻第57号)発行

2017-09-15

天然記念物特集号です。大橋弘一は、特集内「マガン・ヒシクイ・コクガン天然記念物指定の経緯と現状」や表紙写真などを担当しました。

「野鳥百鑑」8月分集計

2017-09-05

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は8月は15回の掲載でした。イワヒバリ、アカアシシギ、エトピリカなどが登場しました。

日本野鳥の会2018卓上カレンダー発売

2017-09-01

日本野鳥の会の卓上カレンダー「BIRDS IN SEASONS」2018年版がこのほど完成し、発売となりました。例年同様4名の写真家の共作で、大橋弘一撮影の写真は1月カワセミ・2月トラツグミ・6月イワヒバリ・11月エナガが採用されています。小売定価1080円(税込)。

トライエックス2018カレンダー「美しき野鳥の世界」

2017-09-01

カレンダーメーカー「トライエックス」の大判の野鳥カレンダーです。大橋撮影の写真は8月アカゲラが採用されています。全国のカレンダー取り扱い店で販売。小売定価2160円(税込)

Birds World JAPAN 第2号発行

2017-08-25

ウェルカム北海道野鳥倶楽部会報「Birds World JAPAN 大橋弘一野鳥写真の世界」の第2号が発行配信されました(Web判)。引き続き希望者対応の紙版も発行されます。

「野鳥百鑑」7月分集計

2017-08-05

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は、7月は14回の掲載でした。内容は、ウミガラス、オオセッカ、アカモズなど。

日本野鳥の会「渡り鳥たちの命をつなぐ道を守りたい」

2017-07-20

日本野鳥の会の渡り鳥とその生息地を守るための取り組みをPRするパンフレットです。大橋撮影のシマアオジの写真が採用されました。

「野鳥百鑑」6月分集計

2017-07-01

北海道新聞連載「野鳥百鑑」6月は13回の掲載でした。内容はカッコウ、シマアオジ、サンショウクイなどでした。

Toriino2017夏号

2017-06-25

日本野鳥の会が発行する季刊のフリーマガジン「Toriino」夏号でシマアオジ保護記事中にシマアオジの写真が採用されました。

テレビ東京「土曜スペシャル」野鳥監修

2017-06-24

テレビ東京系列のワイド番組「土曜スペシャル」の「北海道で何するの?」コーナーで、鳥の種名等の監修を担当しました。

faura2017夏号発行

2017-06-15

faura夏号(通巻第56号)の釧路特集で、大橋はタンチョウ写真2点のほか数点の風景写真を提供しました。他の記事中でミサゴ、オジロワシ写真を提供しました。

「野鳥百鑑」5月分集計

2017-06-01

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は5月は21回の掲載でした。内容は、コマドリ、タヒバリ、ムギマキなどでした。

JR北海道車内誌「The JR Hokkaido」6月号

2017-05-30

JR北海道の車内搭載誌「The JR Hokkaido」6月号の「バードウォッチング特集」に野鳥写真2点が採用されました。大橋弘一のインタビュー記事も掲載されています。

「野鳥百鑑」4月分集計

2017-05-05

北海道新聞の連載「野鳥百鑑」は4月は19回の掲載でした。内容はキクイタダキ、トモエガモ、ハクガンなどでした。

「野鳥百鑑」3月分集計

2017-04-02

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は3月は12回の掲載でした。内容はウタツグミ、シノリガモ、ウミアイサなどでした。

Birds World JAPAN 創刊号発行

2017-03-25

ウェルカム北海道野鳥倶楽部(WYC)の会員向機関誌の第1号。B5判全24ページすべて大橋の写真と文章で構成されています。内容はキレンジャク、オジロワシ、シマアジなどです。基本は電子版ですが、希望者に郵送する紙版は3月31日発行。

「野鳥お勉強会」で講師

2017-03-25

第357回「野鳥お勉強会」の講師役として北海道各地の野鳥観光の取り組みを紹介しました。

Toriino2017春号発行

2017-03-20

日本野鳥の会が発行する「トリーノ」通巻第42号。大橋の写真は「季節の野鳥」にアオジが、三菱製紙の広告にキクイタダキが、それぞれ採用されました。

faura2017春号発行

2017-03-15

通巻第55号です。特集は「森の春を探そう」で、大橋は特集内のグラフページや「春の森の鳥カタログ」を担当しました。

「野鳥百鑑」2月分集計

2017-03-01

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は2月は16回の掲載でした。内容はオジロワシ、アトリ、ベニヒワなどでした。

「野鳥」2017年2・3月号

2017-02-20

日本野鳥の会発行の「野鳥」2・3月号では特集「シマアオジの危機」のトビラなどシマアオジの写真2点を提供しました。

「バーダー」2月号発売

2017-01-16

文一総合出版発行の「バーダー」2月号(ツル・クイナ特集)が発行発売になりました。大橋撮影になるバンの写真が表紙に採用されました。

WYCオリジナル「大橋弘一Bird Photography 2017」完成

2017-01-12

ウェルカム北海道野鳥倶楽部(WYC)オリジナルの初のカレンダーで、メイン写真はすべてコラージュ仕様。2018年2月分までの暦を収録。WYC会員・関係者に発送しました。非売品。

「野鳥百鑑」12月分集計

2017-01-07

北海道新聞連載「野鳥百鑑」は12月は15回の掲載でした。内容は、カンムリカイツブリ、タゲリ、コクガンなどでした。

「バーダー」1月号発売

2016-12-16

文一総合出版「バーダー」1月号「ハヤブサ類大百科」特集でハヤブサの写真1点を提供しました。

faura2016冬号発行

2016-12-15

冬号特集は「野鳥観光ってナンだ!?」。表紙や巻頭グラフ等の写真計29点を提供し、文章執筆も担当しました。

Air-G'(FM北海道)に出演

2016-12-14

FM北海道の午後の番組「スパークルスパークラー」に出演し、「ウェルカム北海道野鳥倶楽部」について話しました。

新しい共著『日本の美しい色の鳥』発行発売

2016-12-02

新著(共著)『日本の美しい色の鳥』がエクスナレッジより出版されました。大橋は全種の解説文執筆を担当したほか、写真数点提供。監修は上田恵介氏。

「野鳥百鑑」11月分集計

2016-12-01

北海道新聞連載「野鳥百鑑」11月は15回の掲載でした。掲載種はサシバ、ムネアカタヒバリ、セイタカシギなどでした。

「淡交」12月号発行

2016-11-30

茶道雑誌「淡交」12月号の巻頭写真にトウネンが採用されました。

「野鳥」2016年12月号

2016-11-20

「北海道の鳥を見続けて60年」記事内にオオジュリンの写真が採用されました。

「野鳥百鑑」10月分集計

2016-11-01

北海道新聞連載「野鳥百鑑」10月は13回の掲載でした。掲載種はアジサシ、マガン、エゾビタキ、モズなどです。

北海道建設業協会百年史に写真提供

2016-10-27

北海道建設業協会の発行。グラフページに天売島・ウミネコの写真を提供しました。

北海道新聞「野鳥百鑑」9月分集計

2016-10-05

連載「野鳥百鑑」9月の掲載は13回でした。内容は、エリグロアジサシ、ミサゴ、オオソリハシシギ、ヒバリシギなど。

「淡交」10月号発行

2016-09-30

茶道雑誌「淡交」10月号に、巻頭の写真(オグロシギ)を提供しました。

faura2016秋号発行

2016-09-15

通巻第53号で、特集は「星空観賞のススメ」。その中の「アイヌの星の物語」に写真6点提供しました。

北海道新聞「野鳥百鑑」8月分集計

2016-09-02

連載「野鳥百鑑」は、8月分は計8回の掲載でした。内容はアオバト、ギンザンマシコ、ライチョウなどでした。

日本野鳥の会の2016年版卓上カレンダー完成

2016-08-30

(公財)日本野鳥の会が発行する卓上型カレンダー「BIRDS IN SEASONS 2017」が完成しました。写真家4名の共作で、大橋弘一の作品は6月ノゴマ、7月イソヒヨドリ、8月アオバト、10月アオゲラ、12月マヒワが採用されました。解説文は全月大橋の執筆です。

岩波新書・祖田修著『鳥獣害』に協力

2016-08-19

岩波新書『鳥獣害~動物たちとどう向き合うか』(祖田修著)が発行されました。大橋はエゾシカの写真を提供しています。

北海道新聞「とまこむ」カササギ紹介記事に協力

2016-08-18

北海道新聞の別冊「とまこむ」8月18日号の記事「カササギってどんな鳥?」に、情報提供などの協力をしました。

北海道新聞「野鳥百鑑」7月分集計

2016-08-01

連載「野鳥百鑑」は、7月は計13回の掲載でした。内容はツバメチドリ、アカショウビン、アカエリカイツブリなどでした。

ハードカバー切手帳にキビタキ写真

2016-07-29

日本郵便が発売した「地方自治法施行60周年シリーズ・記念貨幣入りハードカバー切手帳_福島県」にキビタキの写真が採用されました。

DONATE for BIRDS 公開

2016-07-21

様々な形で生息が脅かされている野鳥たちを救うための募金活動を行うサイトが公開されました。CONSERVATION INTERNATIONAL JAPANの関連サイトで、大橋は写真セレクト等のアドバイザーを担当しました。

RCC中国放送「おひるーな」に出演

2016-07-18

RCCラジオ「おひるーな」の「おひるーなマガジン」に出演し、faura最新号の内容から北海道の岬について、その魅力や楽しみ方などをご紹介しました。

北海道新聞「野鳥百鑑」6月分集計

2016-07-01

連載「野鳥百鑑」は、6月は計14回の掲載でした。内容はホトトギス、マミジロ、コルリなどでした。

faura2016年夏号発行

2016-06-15

通巻第52号です。特集は「岬めぐり」。特集内「ヒヨドリ渡る白神岬」「知られざる内陸の岬軍艦岬」を担当したほか、何点かの写真提供もしています。

北海道新聞「野鳥百鑑」5月分集計

2016-05-31

連載「野鳥百鑑」は、5月分は計18回の掲載でした。内容は、オオルリ、キビタキ、マミチャジナイなどでした。

「日本カメラ」6月号発売

2016-05-18

「今月のわくわくショット」というページを担当しました。内容は「都市に生きるヨシゴイ」。3ページにわたって写真6点と文章で構成しています。

北海道新聞「野鳥百鑑」4月分集計

2016-04-30

連載「野鳥百鑑」は、4月は計17回の掲載でした。内容はシジュウカラ、コゲラ、マガンなどでした。

新著『野鳥の呼び名事典』発行発売

2016-04-18

大橋弘一の新しい著書です。鳥の名前の語源について、最新の生態写真をふんだんに使った誌面レイアウトでご紹介しています。世界文化社刊。

北海道新聞連載「野鳥百鑑」スタート

2016-04-06

北海道新聞朝刊の新連載「野鳥百鑑」が始まりました。生活面に日曜を除く毎日掲載される小コラムです。不規則な休載日があるようですが。

「自然観察ハンドブックⅡ」発行

2016-03-25

北海道ボランティア・レンジャー協議会が制作・発行した北海道で見られる生きものたちのハンディな図鑑です。大橋は表紙の写真を含め、野鳥写真3点提供しました。

「バーダー」4月号発行

2016-03-15

『バーダー』(文一総合出版)4月号が発行されました。第2特集『南北海道バードウォッチングガイド』内の記事6ページおよび表紙写真を担当しました。

faura2016年春号発行

2016-03-15

春号(通巻第51号)が発行発売されました。特集「道南の自然再発見」の中でオオワシ、ウソ、ハヤブサ等の野鳥写真を中心に提供しました。

冬の道南野鳥の楽園撮影会実施

2016-02-24

クラブツーリズム主催の道南の野鳥撮影ツアーでガイド役を務め、期間中座学レクチャーも担当しました。24日から27日まで実施。

RCC中国放送「おひるーな」に出演

2016-02-08

RCCラジオ「おひるーな」の「おひる―なマガジン」でfaura50号を紹介しました。

動画作品「みなみ北海道の野鳥」完成

2016-01-31

プロモーション用4K動画作品「北斗市発!みなみ北海道の野鳥」が完成し、発注元の北斗市観光協会に納入されました。北海道新幹線の新函館北斗駅ロビー等で随時上映されます。

『北海道野鳥観察地ガイド』重版

2016-01-28

著書『北海道野鳥観察地ガイド』(北海道新聞社)が重版になりました。単純増刷ではなく、50ヶ所以上の情報を最新のものに変更しての再登場です。

『鳥は夢を見る』監修担当

2015-12-30

世界文化社刊の写真集『鳥は夢を見る』が発行になりました。鳥についての監修を大西敏一氏とともに担当しました。

「野鳥」2016年1月号

2015-12-25

「バードグラフ」を担当しました。今回はレンジャク類でまとめた「北海道・黄と緋の舞」です。

釧路新聞の特別版

2015-12-21

「バードウォッチングパラダイス釧路根室」という特別版が出ました。写真14点を提供しました。

新著『日本野鳥歳時記』発行発売

2015-12-18

大橋弘一の新しい著書です。『鳥の名前』から12年の間に調べ上げた鳥たちのエピソードが満載の自信作です。ナツメ社発行・ネイチャー&サイエンス編集。

faura2015冬号(通巻第50号)発行

2015-12-15

北海道自然雑誌fauraの冬号が発行されました。特集は「コンブの科学」。大橋は編集長を務めるほか、特集内の執筆も一部担当しています。

「野鳥」12月号

2015-11-25

日本野鳥の会が発行する「野鳥」12月号の「バードグラフ」を担当しました。編集部からの「北海道の冬の小鳥を」というリクエストに応え、ベニヒワやウソなどの写真で構成しています。

「バーダー」12月号発売

2015-11-19

「バーダー」12月号「鳥と木の実の関係を知りつくす」の特集では、「地域限定の鳥は何を食べているのか=ギンザンマシコ」と「札幌の街路樹がスゴイ!ナナカマドの赤い実が市街地を探鳥地に変える!!」の2本の記事を担当しました。

バーダースペシャル「秘伝!野鳥撮影術」

2015-10-25

バーダー編集部編のムック。大橋は種類別撮影講座の「サギ類」と、探鳥地ガイドの「北海道」を担当しました。

faura2015秋号(通巻第49号)発行

2015-09-15

大橋が編集長を務める自然雑誌fauraの2015年秋号が発行、発売開始されました。特集は「大人の紅葉探索」です。

日本野鳥の会の2016年版カレンダー完成

2015-08-15

日本野鳥の会の卓上カレンダー「BIRDS IN SEASONS」の2016年版が完成しました。発売は9月以降。大橋弘一撮影の写真は3点採用され、また野鳥解説文も執筆しました。

「野鳥」8月号

2015-07-25

日本野鳥の会発行の「野鳥」誌8月号では「日本のフクロウ類」特集でエゾフクロウ、コミミズクなどの写真が採用されました。

大人のライター・エディター講座

2015-06-19

さっぽろ自由学校「遊」の「大人のライター・エディター講座」で、ゲスト講師として自然雑誌fauraの制作過程を講義しました。

小学館の図鑑「NEO鳥新版」発行

2015-06-16

小学館の図鑑NEO鳥が新版となって発行されました。従来版の内容を、鳥類の新分類に準拠した内容に改訂したもの。大橋撮影の写真は基本的に従来版の流用として掲載。

faura2015夏号(通巻第48号)発行

2015-06-15

faura夏号が発行、発売開始されました。特集は「大雪山国立公園」。大橋自身もギンザンマシコの記事を担当しています。

商船三井フェリー「フェリーで海鳥を見てみよう」実施

2015-06-11

苫小牧‐大洗のフェリー「さんふらわあ」船上での探鳥イベント+海鳥講演会です。11日には大洗行で、14日には苫小牧行きで、それぞれ実施されました。

「さんふらわあ大洗~苫小牧航路の海鳥図鑑」発行

2015-06-05

大洗‐苫小牧フェリー航路で見られる海鳥24種を収録したミニ図鑑冊子です。表紙のコアホウドリの他、写真6種の写真を提供しました。発行=商船三井フェリー/企画編集=ナチュラリー

「大雪山から育まれる文献書誌集」表紙写真提供

2015-05-25

ギンザンマシコの写真が表紙になった「大雪山から育まれる文献書誌集」第2集(北海道東川町発行)が刊行されました。ギンザンマシコに関するエッセイも寄稿しました。

新著「森の妖精シマエナガ」出版

2015-04-30

ポストカードBOOK「森の妖精シマエナガ」をナチュラリーから出版しました。(ISBN978-4-9907303-4-5)

NHKテレビ「つながる@きたカフェ」に出演

2015-04-28

NHK総合テレビ11時30分からの番組「つながる@きたカフェ」に出演し5月の森でのバードウォッチングの楽しみ方をお話ししました。(北海道ローカル放送)

「バーダー」5月号発売

2015-04-21

文一総合出版刊「バーダー」5月号では、表紙写真(オオルリ)を担当しました。特集内でヒタキ類観察地のガイドも一部担当しています。

月刊誌「O.tone」5月号にインタビュー記事掲載

2015-04-15

「O.toneオトン」(あるた出版)5月号に大橋弘一インタビュー記事「野鳥は地域性の指針」が掲載されました。

トークショー「鳥の名前の楽しみ方」開催

2015-04-05

大橋弘一トークショー「鳥の名前の楽しみ方」が札幌市環境環境プラザで行われました(主催:環境・自然を考える会)。有料催事でしたが定員を超える約70名の来場がありました。

Webサイト「バードウォッチングパラダイス釧路」開設

2015-04-01

釧路地域の野鳥観光促進サイト「バードウォッチングパラダイス釧路」が開設されました。野鳥図鑑も内蔵した充実のサイトで、野鳥写真のほとんどが大橋弘一撮影です。

「バーダー」4月号発売

2015-03-17

「バーダー」4月号(文一総合出版)では、「バードウォッチング強化書」特集の中で「私が鳥見にハマった理由」に執筆・写真提供しました。

faura2015春号(通巻第47号)発行

2015-03-15

北海道自然雑誌faura(ファウラ)47号が発売になりました。大橋弘一が編集長を務めています。特集は「クルーズで見る野生」です。

「野鳥」2・3月号

2015-02-24

日本野鳥の会発行の「野鳥」2・3月号(正式発売日は3月1日)では、大橋撮影のハシブトガラスの写真が表紙に採用されています。

大橋弘一オリジナル「野鳥クリアファイル」販売開始

2015-02-02

ナチュラリーでは、大橋弘一野鳥フォトアート作品を使ったオリジナルグッズ「野鳥クリアファイル」の販売を始めました。「アトリ科の赤い小鳥たち」と「北海道の海洋鳥」の2種類。詳しくは販売サイト「faurastore」へ。

釧路新聞社・釧路の野鳥研修会 第2回

2015-01-16

釧路新聞社の野鳥観光推進プロジェクトの研修会。昨年12月12日に続く2回シリーズの第2回。プロジェクトメンバー7名に講義を行いました。

Toriino2014冬号

2014-12-24

この度発行されたToriino(トリーノ=日本野鳥の会発行)冬号の「季節の野鳥」欄にオナガガモの写真が採用されました。

faura2014冬号(通巻第46号)発行

2014-12-15

北海道自然雑誌faura(ファウラ)46号が発売されました。大橋弘一が編集長を務め、また表紙写真のほか写真数点の提供及びシロハヤブサ解説文などの執筆を担当しました。

釧路新聞社・釧路の野鳥研修会

2014-12-12

釧路新聞社が取り組む野鳥観光推進プロジェクトの研修会(第1回)が行われ、講師として関係者7名に講義を行いました。

学研の図鑑LIVE「鳥」が出ました

2014-12-03

学研の児童向け図鑑シリーズ「学研の図鑑LIVE」の「鳥」が発行されました(正式発売日は12月17日)。大橋弘一写真事務所ナチュラリーからはシギ類カモメ類などで計7点の写真が採用されています(うち大橋撮影分は5点)。

「バーダー」12月号発売

2014-11-18

「バーダー」12月号(文一総合出版)では、表紙(ダイサギ)と、特集「身近な鳥をカッコよく撮る」内「サギ類」を担当しました。

ジャパンバードフェスティバルに出展

2014-11-01

国内最大の野鳥関連イベント「ジャパンバードフェスティバル」が千葉県我孫子市で11月1日2日に開催。ナチュラリーが11年ぶりにブース出展しました。

釧路の野鳥パンフレット

2014-10-30

釧路新聞社が発行する釧路地方の野鳥パンフレットができました。オオワシ、エトピリカ、クマゲラ、ミサゴなど計7点の写真が採用されています。 11月1日2日のジャパンバードフェスティバル2014などで入手できます。

「世界のかわいい小鳥」発行

2014-10-08

パイ・インターナショナルから発行になった写真集「世界のかわいい小鳥」。大橋はイカルの写真を提供しています。

北海道様似町写真コンテスト審査会

2014-10-01

北海道様似町が主催する「第3回さまに写真コンテスト」の審査会が行われ、審査員として参加しました。結果は様似町ホームページのほかfaura冬号でも発表されます。

faura2014秋号(通巻第45号)発行

2014-09-15

北海道自然雑誌faura第45号が発行されました。大橋弘一が編集長を務め、また写真家としてエゾモモンガなど写真6点提供しています。

日本野鳥の会2015卓上カレンダー完成

2014-08-26

(公財)日本野鳥の会が発行する卓上型カレンダー「BIRDS IN SEASONS 2015」が完成しました。写真家4名の共作で、大橋弘一の作品は4月ツバメ、5月ツツドリ、12月クロツラヘラサギが採用されました。解説文は全月大橋の執筆です。

ICN国際学会に出展

2014-07-29

本日から始まったICN2014(第11回ニューロエソロジー国際会議)に大橋の写真事務所ナチュラリーが自然雑誌fauraなどを販売するブースを出展しています。会場は札幌コンベンションセンターで、8月1日まで開催。この大会では大橋撮影のタンチョウの写真がシンボルキャラクターとして採用されたほか、会期中のスライドショーへ写真提供しています。

電子版「シギラリゾート野鳥図鑑」公開

2014-07-15

宮古島・シギラリゾートが発行する電子版「シギラリゾート野鳥図鑑」がこの度公開されました。76種収録。全20ページ。シート単位で出力することもできます。 http://www.nanseirakuen.page-view.jp/shigiraresortbird/pageview/pageview.html#page_num=0

シギラリゾート野鳥図鑑完成

2014-07-04

宮古島・シギラリゾートで見られる野鳥をまとめた電子版の図鑑です。全76種を20ページに収録。計104点の写真のうち大橋が41点を提供したほか、解説文執筆、全体構成まで担当しました。近日中にシギラリゾートのホームページで公開される予定です。

「野鳥」日本の海鳥グラビア特集

2014-06-24

日本野鳥の会発行の「野鳥」7月号の特集は「グラビア日本の海鳥」です。写真家8名による競作ですが、その中で大橋弘一はケイマフリの写真を担当しました。

faura夏号発売

2014-06-15

大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌fauraの2014夏号(通巻第44号)が発行、発売となりました。今回の特集は「天上の愉悦 雲海パラダイス北海道」です。

TBSテレビ「生き物にサンキュー!」キツツキ編放送

2014-06-04

大橋弘一が撮影協力したテレビ番組「トコトン掘り下げ隊 生き物にサンキュー!」が放送されました(北海道ではHBCで6/8放送)。大橋はクマゲラの営巣情報を提供しました。

「ブラキストン線と鳥たち」新聞掲載

2014-05-29

聖教新聞の科学面(環境のページ)のメイン記事として「ブラキストン線と鳥たち」を執筆、写真提供しました。

「バーダー」6月号発売

2014-05-16

「バーダー」6月号が発行されました(文一総合出版刊)。特集の中でシマエナガほか3点の写真を提供しました。

「プラクティス」裏表紙「北の写真家」シリーズに登場

2014-05-07

北海道市町村振興協会発行の自治体職員情報誌「プラクティス」春号「北の写真家」シリーズ第15回に掲載されました。

「北海道野鳥ハンディガイド増補新版」書評掲載

2014-05-01

日本野鳥の会発行の「野鳥」5月号に、大橋弘一著「北海道野鳥ハンディガイド増補新版」が書評紹介されました。

「滝野の森の野鳥」研修会

2014-04-29

札幌の滝野すずらん丘陵公園「滝野の森」でボランティアガイド対象の野鳥研修会が行われ、滝野の森で初夏から夏にかけて見られる野鳥を大橋弘一が紹介しました。

新聞連載「鳥たちの物語 その素顔と伝承」第44回

2014-04-17

聖教新聞連載「鳥たちの物語 その素顔と伝承」第44回が掲載されました。今回のテーマはホオジロです。なお、当連載は今回で最終回となりました。

天売島・焼尻島の観光パンフレット等

2014-04-10

天売島・焼尻島の2014観光パンフレット・リーフレット(北海道羽幌町観光協会発行)が完成しました。大橋弘一撮影の野鳥&自然写真がパンフに約20点、リーフに約10点採用されています。

新聞連載「鳥たちの物語 その素顔と伝承」第43回

2014-03-27

大橋弘一が聖教新聞に連載している「鳥たちの物語 その素顔と伝承」第43回が掲載されました。今回はクイナです。

ニューロエソロジー国際会議2014の告知

2014-03-25

今年7月から8月にかけて札幌コンベンションセンターで開催されるニューロエソロジー国際会議の告知が進んでいます。ポスターやウェブサイトに大橋弘一撮影のタンチョウ、フクロウなどの写真が採用されています。特にタンチョウは当会議のメインビジュアルとなっています。 詳しくは→    http://www.icn2014.jp/

faura春号発売

2014-03-15

大橋弘一が編集長を務めている北海道自然雑誌fauraの2014春号が発行・発売されました。今号の特集は「マリモと阿寒湖」です。

新聞連載「鳥たちの物語」第42回

2014-02-27

聖教新聞に連載している「鳥たちの物語-その素顔と伝承」の第42回が掲載されました。今回のテーマはトモエガモです。

「庭で楽しむ野鳥の本」またまた重版

2014-02-26

大橋弘一の著書「庭で楽しむ野鳥の本」(山と溪谷社・2007年刊)がこの度、またまた重版となり、ついに10刷となりました。

「道新フムフムぷらす」に紹介記事掲載

2014-02-24

小学生向け新聞「道新週刊フムフムぷらす」に大橋弘一の紹介記事「冬は野鳥観察の季節」が掲載されました。1/4の「道新週刊フムフム」本体の記事の転載です。

新聞連載「鳥たちの物語」第41回

2014-02-13

本日付け聖教新聞に連載「鳥たちの物語~その素顔と伝承」第41回が掲載されました。今回はカイツブリです。

faura10年の歩み(札幌展)開催

2014-02-08

今日から「faura10年の歩み」札幌展が紀伊國屋書店札幌本店ギャラリーで始まりました。先月の東京展の内容をさらにグレードアップさせています。大橋弘一の作品も9点展示しています。20日まで開催。

新聞連載「鳥たちの物語」第40回

2014-01-23

本日発行の聖教新聞に連載「鳥たちの物語 その素顔と伝承」の第40回「マヒワ」が掲載されました。

faura10年の歩み展(東京展)スタート

2014-01-20

自然雑誌fauraの創刊10周年催事「faura10年の歩み」展が東京・銀座のギャラリーミハラヤで始まりました。大橋弘一の野鳥写真も計10点展示してあります。(会期は2月1日まで)

「バーダー」2月号発売

2014-01-16

「バーダー」2月号(文一総合出版)北海道特集では、大橋弘一が表紙写真・トビラ写真を含め計17ページほど担当しました。 バーダー2014年2月号(文一総合出版) 2014年1月16日発行 1000円+税

北海道新聞「みんなでサイエンス」

2014-01-16

本日発行の北海道新聞夕刊の科学コラム「みんなでサイエンス」は大橋弘一が担当し、「大きく変わった鳥の分類」を執筆・写真提供しました。

「冬の鳥」研修会実施

2014-01-13

札幌の滝野すずらん丘陵公園「滝野の森」で、ボランティアガイドの皆様の研修会が実施され、「冬の鳥」の楽しみ方をご紹介しました。

北海道新聞に掲載されました

2014-01-04

北海道新聞夕刊の「小学生新聞=週刊フムフム」に、私のインタビュー記事が「冬の野鳥の楽しみ方」として掲載されました。

FM北海道に出演

2013-12-30

FM北海道(Air-G')の「ブリリアント・デイズ」にゲスト出演しました。出たばかりの「増補新版 北海道野鳥ハンディガイド」をネタに、野鳥の魅力を伝える伝道師として鳥の雑学知識をいくつかご披露しました。

「増補新版 北海道野鳥ハンディガイド」本日発売

2013-12-18

持ち歩ける地域版図鑑とし大好評の「北海道野鳥ハンディガイド」(北海道新聞社)が、増補新版となって生まれ変わりました。新分類に準拠し、収録種数も増え、一部の写真も新作に差し替えました。 大橋弘一著「増補新版 北海道野鳥ハンディガイド」1800円+税  12月18日北海道新聞社より発行発売


大橋弘一

CONTACT

お問い合わせ

野鳥写真に関するお仕事のご依頼等ありましたら、お問い合わせコーナーよりご連絡ください。

お問い合わせ


大橋弘一写真事務所(有)ナチュラリー
〒060-0042 札幌市中央区大通西11丁目4-27 北海ケミカル札幌ビル6F
TEL 011-261-1658  FAX 011-261-1659

Facebook/ブログ

大橋弘一の仕事や活動に関する情報は、Facebookやブログからも閲覧することができます。

Facebook 大橋弘一



大橋弘一ブログ 不思議いっぱいネイチャーワールド


2013年12月以前のブログです。最新情報はfacebookで。
※当コンテンツの全ての写真の著作権は撮影者にあり、無断使用は固く禁じられています。写真をお使いになりたい場合はこちらまで
(c)2013 Naturally Co.,LTD.